先輩インタビュー

先輩インタビュー

介護職
地域包括ケア病棟三橋 清美

三橋 清美インタビュー
業務中の雰囲気

Q 南生協病院を志望した理由

南生協病院との出会いは、「ヘルパー2級受講者募集」のチラシを手にしたことがきっかけでした。

その講習に参加し、「その人の思いに寄り添う介護」を学びました。修了と同時に介護職として入職し、実務経験を重ねて、介護福祉士の資格も取ることができました。

気が付けば16年続けています。

三橋 清美

介護職を希望の皆さんへ

介護を必要とする人には、認知症の方が多くいます。
私がいつも心に留めていることは「認知症は不便だけど、不幸ではない」という言葉です。
それは私たち介護職の介護の在り方で大きく左右される不変なことではないと強く思っています。

介護する人、受ける人、お互いがそのように実感できるような介護をしたいと思っています。
認知症になっても笑顔で過ごすことのできる介護を一緒に考えませんか?

介護職
グループホームみんなのざいしょ花田 恵美

花田 恵美インタビュー
業務中の雰囲気

Q 南医療生協の働きやすい点

私は中途採用でしたが、分からない事や悩みなど、先輩の方々に相談しやすい環境でした。
困った時は助けてくださるので心強いです。

花田 恵美

介護職を希望の皆さんへ

介護の仕事は、人生の先輩である利用者様からさまざまな事を教えていただけます。
私はグループホームで働いていますが利用者様の中には現役で包丁を使い料理をされている方もいます。

家事全般、身の回りのできる事はご自身でされています。
利用者様から学ぶ事はとても多く、勉強になります。
利用者様と共に過ごす日常生活の中で小さな感動を味わう事もよくあり、涙あり笑いありの仕事です。

介護は時には厳しく、悲しい別れ等ありますが、面白くやりがいのある仕事ですよ。

介護職
グループホームいりゃあせ内田 将輝

内田 将輝インタビュー
業務中の雰囲気

Q 南医療生協を志望した理由

私が南医療生協の介護施設に就職を志望した理由は、南生協病院を母体に持つ法人であり、介護と医療の連携がしっかりと形作られているのではないか、と感じたからです。

実際に、医療と介護が連携し合うことは多く、お互いの専門性や役割を理解し合うことに努めていると感じています。
医療スタッフは介護のことを、介護スタッフは医療のことを、理解し学びあうという法人の方針も感じます。

他職種とも、協同・チームワークを大切にしていることを実感しています。

内田 将輝

介護職を希望の皆さんへ

介私が南医療生協で働いていて感じることは、「他の職員がいるから自分がある」ということです。
先輩たちは、皆さんの思いを聞いてくれます。
アドバイスもくれます。時に厳しく指導もしてくれるはずです。

だからこそ「自分も少しでも力になりたい」と思い、日々成長できるよう努力をしています。職員同士がお互いに助け合い、時には刺激し合いながら、利用者様にとって、より良い事業所を築いていく。
そのようなやりがいを感じて働いてほしいと思います。

介護職
ヘルパーステーションよってって鈴木 麻子

鈴木 麻子インタビュー
南医療生協の介護事業所を志望した理由

Q 南医療生協を志望した理由

介護の専門学生の頃、グループホームや小規模多機能、多世代共生宅を見学したのがきっかけでした。

様々な施設を見学しましたが、利用されている方や職員さんの穏やかな表情をされているのが印象的でした。
私もここで就職したら長く続けられるかもしれないと思い、志望しました。

南医療生協の働きやすい点

南医療生協の働きやすい点

南医療生協にはたくさんの介護事業所があり、共に協力し合うという雰囲気があり、 各部署にもスタッフ同士が共に協力しあうという雰囲気があり、 先輩であっても後輩であってもわからない事や困っている事を伝え合える事が働きやすさにつながっているのだと思います。

鈴木 麻子

介護職を希望の皆さんへ

介護の仕事を始めて10年経ちましたが、介護の仕事を辛いなと思ったことがありません。
おそらく回りのスタッフの支えがあるからだと思います。

介護はチームワームだと思っています。
利用者様、ご家族、職員三者の負担を減らし、安全で安心できる介護を目指したいですね。

採用アクセス

採用についてのお問い合わせ

(平日・土曜日 午前9時〜午後5時30分)

病院見学お申し込み お問い合わせ

エントリー