部門紹介

部門紹介

部門長ご挨拶

南医療生協は、伊勢湾台風に被災した住民らの「自分たちの医療機関がほしい」という願いから、医療生活協同組合として誕生しました。診療所の開設、その後は病院、訪問看護ステーション、介護施設などの事業所が増え、それに伴い、様々な場所で看護が活躍しています。

南医療生協の看護部は法人全体でひとつですから、キャリアプランやライフプランに合った部署で看護経験を積み上げることができます。私は南生協病院内でもいくつかの部署を経験しましたが、異動で訪問看護ステーションにも3年ほど勤務しました。訪問看護ステーションでは病気を抱えて生活することを体感し、病院を外側からみる機会にもなり、視野と看護の幅を広げられたように思います。

また、患者様にとって何が最善かを考えるとき、医療を受ける側に身を置いてみると見方や感じ方が異なってきます。医療を受ける側の視点を、南医療生協の地域の組合員さんから気づかされ学んでいるように思います。看護の専門職として質の高い看護をめざしていくことはもちろんですが、組合員さんとの協同で看護実践がより豊かになるとも感じています。それだけでなく、組合員さんとの協同で、事業所を作ったり、1人の人を支えたり、いろいろなことを行うことは、通常の医療や看護にとどまらない、おもしろさや可能性があると思っています。

看護部長 福島みさ代

採用アクセス

採用についてのお問い合わせ

(平日・土曜日 午前9時〜午後5時30分)

病院見学お申し込み お問い合わせ

エントリー