先輩研修医インタビュー

先輩研修医インタビュー

石川 萌子

石川 萌子

石川 萌子
業務中の雰囲気

医師として大事にしていること

「医師」という職業は、なるのも大変で、なってからも数々の試練を乗り越える必要があります。
医療チームの中では、リーダー的な存在となってメンバーを引っ張って行く立場となるでしょうし、患者さんにわかりやすく説明する能力なども必要となります。

自分が今できることをやり、少しずつ成長するしかないですが、その中でも自分が患者さんや他職種の方よりも上の立場とおごることなく、謙虚な姿勢で医療にあたることはこの先何年も医師として勤めていく中でも忘れないようにしたいです。

業務中の雰囲気

南生協病院の働きやすい点

南生協病院では、初期研修医一人一人の医師としての個性が重要視されます。

それは病院の中においても外においてもです。自らが進みたいとおもう医療の方向性を上級医の先生方は受け止めてくださり、それを実践していくための環境を整えてくださります。

志が高い上級医の先生とコミュニケーションがしやすい点は南生協病院の働きやすい点です。

石川 萌子

医学生の皆さんへ

医学生の6年間はとても貴重な時間ですので、自分がやりたいと思うことをひたむきにやってみてください。

私自身も研修医になって学生のうちにやっておきたかったと思うことがたくさんあります。

医学生の皆さんへ

これからの時代、医療者はそのあり方が問われる時代になると思います。

そんな中で、医療者としての核となる部分が最も形成されるのは、初期研修の2年間だと考えます。
皆さんの初期研修病院選びが良きものになることをお祈りしています。

初期臨床研修医
2年目岡本 爽希・山地 翔太

岡本 爽希・山地 翔太
業務中の雰囲気

南生協病院の魅力について

南生協病院も魅力は、他にはない地域活動や病院の構造など様々ありますが、あえて私が1つ選ぶとするなら研修医が一個人として尊重されている点であると思います。

看護師をはじめとしたコメディカルの職種の方も、研修医を育てようという意識を非常に持っていてくれていると同時に、一医師・一個人としてとても尊重してくれていると感じます。

研修医がただの見習いのような扱いでなく、職員・個人として大切にされているという実感を持っています。

業務中の雰囲気

南生協病院を志望した理由

『理想の医療とは何か』その答えを患者、住民、国民に問い、医療者個人として自らに問い続けることは大切ですが、難しいことです。

そしてチームとして理想の医療を掲げることはもっと難しいことですが、南生協病院は『みんなちがってみんないい ひとりひとりの命輝くまちづくり』を基本理念として掲げ、実際にそれをあらゆる形で、実現しています。

住民が自分達の力で生きていく、そこを原点にしているこの病院で研鑽を積みたいと強く感じ、この病院を志望しました。

岡本 爽希

医学生の皆さんへ

南生協病院には単に医学の実践を学べるだけでなく、多角的に医療を学び考えることができる環境があると思います。

自分の中に深めたい問いや挑戦したいことがある人はもちろん、漠然と今の医療に対して疑問や問題意識を持っている人、あるいは何か違和感を持っている人などにとってとても有意義な研修医生活が送れると思います。

なかなか文章だけでは伝えきれない魅力と特徴のある病院ですのでぜひ一度見学に来て、自らの目で見て肌で感じていただけたらと思います。

山地 翔太

医学生の皆さんへ

皆さんはなぜ医師を目指しますか。その問いによって選ぶべき病院は多少異なるかもしれません。

多くの人は病院選びと言うと、世の中にどんな病院があるのかを調べることに時間を使います。
しかし、本当に重要なのは、あなたがどういう人間でありたいかです。

どんないい環境で育っても、あなたがそこで『育てられる』時、その果てに自立は望めないでしょう。
たとえどんな環境でも、あなたが『育とう』とする時、その時間は尊い研鑽の時間になるのではないでしょうか。

初期臨床研修医
2年目山下 真弥・真喜志 依里佳

山下 真弥・真喜志 依里佳
業務中の雰囲気

南生協病院の医師として大事にしていること

当院は地域とのつながりを大事にするとともに、研修医一人一人の問いも尊重することを目指しています。

ですので、病院内外を問わず多方面の地域資源を活用しながら患者さんに向き合い続けると同時に、自らの目標や志に対しても妥協せず誠実に取り組む姿勢を大事にしています。

業務中の雰囲気

南生協病院の働きやすい点

 研修制度として魅力的だったのは、初期研修の間に研修医が1人1つの地域を2年間かけて担当することができるホーム地域や、外国人支援、子ども食堂、スーパーでの健康チェック、班会、園児健診研修など、数を追えないほどの地域保健活動があることと、お母さんのお腹の中にいる時から死ぬまでの全てのライフサイクルに携わることができる点でした。

目の前の臨床だけでなく、ミクロとマクロの両方の視点を持つことが出来ることでした。
病院の中から世界を除いてみても、本当に地域の人々が大事にしているものは見えません。

臨床だけに囚われた研修をすれば、「力」は身についても、「心」と「視野」を取り戻す事は難しいはずです。
「地域で治しささえる医療」を体現する新しい時代の医療をこの地域で学び、故郷やアジアに発信することが、今の若い世代の使命だと思っています。
この病院を選んだのは一種の賭けでもありましたが、今も毎朝起きて病院に行くのが楽しいですし、想像以上に多くの活動をさせていただいています。

時に忙しさのあまり挫けそうな時もありましたが、患者さんのベッドサイドに行くと優しい言葉にいつも支えられ救われています。
この病院を地域の皆さんが愛してくださってるからこそ、職員として誇りが持てますし、この病院を第一志望に選んで本当に良かったと思っています。

山下 真弥

医学生の皆さんへ

研修先の病院については、いろいろと迷うと思います。迷うべきだと思います。

ここで自分とどれだけ向き合い続けられるかが、その後の国家試験の勉強や研修に対するモチベーションにも大きく影響します。

決して楽な道ではないと思いますが、諦めない姿勢を持ち続けてください。
そして、願わくば私たちにその道中のお供をさせてもらえたら、この上ない喜びです。

真喜志 依里佳

医学生の皆さんへ

私は十五箇所の病院を見学し、最後まで悩みました。

三子の魂百までと言いますが、最初の2年間でどのような心を持った医師になるか決まります。

学生のうちに、自分のバックボーン(背骨となる信念)を見つけて、その夢を忘れずに突き進んでください。

採用アクセス

採用についてのお問い合わせ

(平日・土曜日 午前9時〜午後5時30分)

病院見学お申し込み お問い合わせ

エントリー